忍者ブログ
ここは「るろうに剣心」二次創作小説サイトです。 詳しくはAboutよりどうぞ。
 52 |  51 |  50 |  49 |  48 |  47 |  46 |  45 |  44 |  43 |  42 |
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



赤べこからの帰り道。


空はすっかり夕焼け色に染まっている。


日中はあんなに暑かった空気も、少しひんやりとしていて気持ちがいい。


 


いつものように、妙や燕に見送られて、橋を渡って、川沿いの道を歩いていく。



ふと、前方の川原に見慣れた人影が二つあることに気がついた。



俺が憧れる赤毛の剣客と、その隣は当然・・・




(薫だ。何やってんだ?こんな所で・・・散歩か?)




二人は並んで川原に腰をかけて、川を眺めている。



だんだんと自分の足取りが二人に近づいていく。




ここから大声で二人に声をかけてやろうか・・・






と、息を吸い込んだが、思わずそのままその息を飲み込む。





よく見ると、薫の頭は剣心の肩に預けられている。



そして、剣心の腕は、しっかりと薫の腰に回されていた。






弥彦の足取りはそこでピタリと止まる。




(・・・・・長屋にでも寄っていくか・・・。)



そのままくるりと向きを変え、左之助の長屋へと、もと来た道を歩き出した。




その少年の背中を追いかけるように、無数の蜻蛉が飛びまわっていた。







___________________________
あとがき。

急に思いつきました。(笑)

弥彦が二人のラブラブ現場を目撃です。(笑)
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
♥ Admin ♥ Write ♥ Res ♥
カウンター
NEW
11/5 short「目覚めれば君の寝顔、泣き顔、笑い顔」
11/2 short「背中合わせでも近くにいるよ」
10/20 リンクるろサイト様追加しました
10/12 short「限りなく自由な僕達はだからこそワガママさ」


カレンダー
09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ご感想等はこちらから・・・
プロフィール
HN:
蔦吉
性別:
女性
最新コメント
[04/25 蔦吉]
[04/20 雪飴]
[03/24 蔦吉]
[01/22 ゆみ]
[01/22 弓乃]
携帯からもご覧になれます。
ブログ内検索
お天気情報
Copyright ©  J.J★Skip  All Rights Reserved.
*Material by *MARIA  / Egg*Station  * Photo by Kun  * Template by tsukika
忍者ブログ [PR]